少子高齢化の弊害

葬儀

自分の死んだあとの供養の仕方を考えている人が東京でも多くなっています。後継ぎがいないという人も多く、自分の供養は自分でという人も多くなっています。寺や霊園は永代供養を設け生前から募集を行っているところが多くなってきました。

詳細を確認する...

人気の都立霊園

葬儀

都立八柱霊園の人気の理由は永代使用料の安さや立地の良さが挙げられます。また、お墓を建てるときは複数の石材店から相見積もりを取って比較可能ですが、その場合には区画を持っていることなど押さえておきたいポイントがあります。

詳細を確認する...

人が死んだあとに

葬儀

人が死んだあとの送り方は大変に多角化してきました。大規模に行う方法や家族だけで送る方法、自然に帰す方法など、葬儀にもいろいろ種類があるようになってきています。神戸でもこのさまざまなニーズに合わせていろいろなプランを作って営業している業者も多くなってきています。

詳細を確認する...

お葬式の形について

家族葬が人気です

葬儀

ここ数年、都市部を中心に、家族葬という形式で葬儀を営む人が多くなってきています。特に、東京のような大都市でその傾向が顕著なのですが、東京都内では家族葬の形式で営まれる葬儀の数が今後さらに増加するだろうと考えられています。なぜかというと、家族葬が、東京で暮らしている人のライフスタイルにピッタリ合った葬儀形式であるためです。地方へ行けば、割りと親密な近所付き合いをしている人がたくさんいます。また、親戚付き合いもかなり濃密な場合が多いです。でも、東京のような都会では、人間関係が希薄さが高まる一方になっています。近所付き合いはおろか、親戚付き合いもほとんどしないという人がたくさんいますので、昔からよく行われてきた形式の葬儀を行っても、弔問客が少ない寂しい葬儀になってしまう可能性が高いです。そのため、規模の小さい家族葬形式を選ぶ人が増える一方になっています。

家族葬の増加について

東京は大勢の人が住んでいますが、隣りにどんな人が住んでいるのか全然知らないという人が少なくありません。地方へ行くと、隣り近所に住んでいる人の手を借りないと済ませられない用事というものがたくさんありますが、東京ではそうではありません。東京の場合、お金さえ支払えば利用できるサービスがたくさん用意されていますので、個人的なツテを頼るのではなく、ビジネスライクに業者を利用する人の方が多くなっています。それを寂しいと思うよりも、他人からの無用な干渉を避けられて快適だと感じる人が多いためなのですが、今後この傾向はさらに強まると考えられています。つまり、人間関係の希薄化に拍車がかかると予想されていますので、家族葬などの小規模な葬儀が営まれるケースが増加していくと思われます。